消費者金融の審査に落ちた理由はココにあった!

毎月安定した収入があるにもかかわらず審査に落ちてしまった場合、信用情報に問題がある場合があります。
消費者金融の審査には、個人情報の照会も含まれます。

 

信用情報機関の情報を元に審査が行われますが、その際に重要なポイントとなるのが、「過去にクレジットカードを含む支払いに遅れや滞納はないか」。
また、「ほかの業者で審査を受けて落ちたことはないか」ということです。

 

まず過去の履歴に関してですが、過去に滞納などの金融事故を起こした履歴があると、どうしても信用度が下がってしまいます。
消費者金融の立場で考えると、過去に滞納しているのだから、今回も滞納してしまうのではないか、という不安要素ができてしまうのです。

 

こうした履歴は、3年から5年は保存されるといわれています。
たとえうっかり返済を忘れただけだとしても記録は残るので、すでに借金をしている方は引き続き責任を持って返済を続けることが非常に大切です。

 

また、信用情報は消費者金融業者が共有するものなので、もしこれまでに複数の消費者金融で審査に落ちていたとしたら、その履歴も残ることになります。
そのため、審査を申し込まれた消費者金融が信用情報を見た時、この申込者には何か断られる理由があるのではないか、と考えられる可能性があります。

 

ですから、短期間に数社に申込むことは控えましょう
毎月確実に返済するかどうかは、今後のローン申込の審査に通るかどうかに関わってくることを覚えておきましょう。