消費者金融の審査基準とは

消費者金融の審査に確実に通るために、審査基準について理解しておくことが役立ちます。
消費者金融が申込者にお金を貸し出すかを決める際は、まず本人に安定した収入があるかどうかに注目します。

 

業者によって審査基準は多少異なるものの、収入があるかどうか、という点は各業者が共通してチェックするポイントです。
正社員ではなくても、パートやアルバイトによる毎月継続した収入があれば大丈夫です。

 

つまり、主婦でも仕事をしていれば申込可能です。

 

審査の際にチェックされる項目として、他社の借入状況や返済の履歴があります。
消費者金融は、申込者本人の年収の3分の1以上を貸し付けてはならないことが法律により定められているため、すでに他の消費者金融の借入がある場合は融資を受けるが難しくなります。

 

ただし、絶対に借りられないという訳ではなく、現在の収入が以前より増加していたり、臨時収入が入ったり、もしくは借入希望額を少なめに抑えれば新規で借りられる可能性があります。

 

申込書には、勤務先だけでなく勤務期間も記入しますが、実は勤務期間がとても重要なポイントです。
なぜなら、勤務期間によって、今後も収入が入る見込みがあるかどうかを予想できるからです。

 

申込のためには最低でも半年は勤務していることが必要で、審査に確実に通るためには、1年以上の勤務が必要となります。
転職したばかりの方は、勤務期間を伸ばしてから申込むのが良いかもしれません。