消費者金融審査に通る!即日融資を受けるための4つのポイント

消費者金融審査に通って即日融資を受けるための4つのポイント

審査に通るためには欠かせないポイントをまとめました。
ぜひ、参考にしてくださいね。

 

申し込みは正直に

消費者金融でお金を借りるためには、必ず審査を受ける必要があります。
審査と聞くと気構えてしまうかもしれませんが、審査で重視されるのは申込者が借りたお金をきちんと返済できる能力と信頼性があるか、ということです。

 

ですから、一番大切なのは現在の状況をありのままに申告することです。
どうしてもお金を借りたいがために実際の収入より多めに記入したり、本当は他社からの借り入れがあるのに申告しなかったりすると、信頼のおけない人ととられて審査に不利に働くことがあるので注意しましょう。

 

また、引っ越したばかりの方や、結婚により苗字が変わった方が申込をする場合、免許証などの本人確認書類の情報と申込書に記入する情報に相違がないよう注意が必要です。

 

では、具体的には何を基準に審査が行われるのでしょうか。
各社で基準は異なりますが、共通するのは年収・勤務形態・勤続年数・他社からの借り入れの有無などです。

 

これらの項目を総合的に考慮し、返済能力があると判断されれば借入可能となります。
基本的に、他社からの借り入れがなくフルタイムで働いている方は問題なく審査を通過できるといわれています。

 

社員でなくても、パートやアルバイトによる毎月安定した収入があれば審査に通ることが可能です。
勤続年数が長ければ長いほど、審査の際に好印象を与えることができるでしょう。

 

すでに複数社からお金を借りている方の場合は、新規申込の時より審査が厳しくなります。
ですから、できるだけ借入件数を減らしてから申込むのが良いでしょう。

 

または、複数借入がある方を対象にした「おまとめローン」などのサービスを利用することができるかもしれません。
複数ある借金を管理するのは簡単なことではありませんが、おまとめローンで一本化すれば今後の返済がシンプルになるので、精神的にも負担を減らすことができるでしょう。

 

審査に関して不安がある方は、申込の前に店頭や電話で相談することができます。
現在の状況を正直に伝え、最善の方法は何かについての意見を求めれば何か良い方法を見つけることができるかもしれません。

 

ネットで申込む

消費者金融の利用者が増加している理由のひとつに、即日融資が可能であるという点があります。
急にまとまったお金が必要になって困っているけど、家族や友人には迷惑をかけられない……という時に、スピーディーに対応できるのが消費者金融のメリットです。

 

ただ、毎日仕事で忙しい生活を送っている中で、時間をとって店頭や自動契約機に行けないという方が少なくないでしょう。
その場合は、インターネットからの申込がおすすめです。

 

インターネットからの申込なら、仕事の休憩時間や帰宅後など、空いた時間に申込をすることができます。

 

インターネットで申込む場合、本人確認書類や収入証明書類などは、メールで提出できます。
まず書類をカメラやスキャナ機能で画像化し、メール送付します。

 

この場合、画像が不鮮明だと再提出になることがあるので、送付する前に文字がきちんと読み取れるかどうか確認しましょう。
必要書類を簡単にそろえることができ、審査までのステップをスムーズに進めることができるのが、インターネットで申込むことのメリットです。

 

また、すべての手続きをネット上で行うことで、借金を他の人に知られるリスクを避けることができます。
消費者金融を利用することは決して悪いことではありませんが、誰かに知られることには抵抗を感じている方が少なくありません。

 

自動契約機の利用もとても便利ですが、出入りを人に見られてしまう可能性があります。
パソコンやスマホを使った申込なら、誰にも借金を疑われることがないので、安心して申込むことができます。

 

手続きは平日の早い時間に

確実に即日融資を受けるためには、平日の早い時間に申込を終わらせておくことが大切です。
なぜなら、審査に通るかどうかは申込者と消費者金融の間だけで決められることではないからです。

 

申込者の勤務先への在籍確認、個人信用情報の確認、振込融資を希望する場合は銀行の営業時間などが関係しています。
お金を借りたい日の前日にインターネットで申込だけしておけば、翌日の営業が始まった時点で審査が始まるので、ネット申込がおすすめです。

 

消費者金融の審査では、個人信用情報の確認も行われます。
信用情報機関に問い合わせをし、申込者の借入状況や、過去に金融事故を起こしたことがないかなどを確認します。

 

また、契約まではいかなくても、消費者金融に申込をした、という事実も記載されるようです。
ですから、複数社に一気に申込をしないように気を付けましょう

 

かなりお金に困っているという印象を与えてしまうと、審査を通るのが難しくなる可能性があるからです。

 

ネット申込の場合、口座振込の融資が基本となります。
そのため、たとえ審査をクリアしたとしても、金融機関の営業時間でなければ振込を完了することができません。

 

自分が利用しようとしている金融機関の営業時間を事前に確認して、申込時間が遅くならないように気を付けましょう。
自分の勤務先を含め、関係する業者がすべて営業している平日の、なるべく早い時間に申込を済ませておけば、即日で融資を受ける可能性を高めることができます。

 

借り過ぎない事

消費者金融の利用者の中には、自分が本当に必要としている額を借りるというよりも、借りられるだけ借りたい、という利用者が少なくないようです。
その結果、借入額が支払い能力を上回ってしまい、返済を延滞するというケースが多く見られます。

 

延滞の記録は信用情報に記載されるため、その後の審査に影響してきます。
審査に通らないと困っている方の多くは、過去の履歴に問題があるのが原因かもしれません。

 

消費者金融の定めた条件と、申込者の収入に合わせて借入限度額が決められますが、借入限度額ギリギリまでお金を借りるということは、それだけ返済が苦しくなるということを覚えておきましょう。
逆に、余裕を持った利用をして確実に返済を続ければ、消費者金融のほうから限度額の増額を申し出てくることがあるようです。

 

ですから、まずは安定した返済履歴を作ることが大切です。

 

消費者金融のローンカードを一度作っておけば、利用限度額の範囲内で繰り返し利用できます。
利便性が高い一方で、コンビニなどの提携ATMで気軽にお金を引き出せるため、自分の口座からお金を引き出しているような感覚に陥っていしまうリスクがあります。

 

今後も安全に消費者金融を利用していくために、いくら簡単に借りれるとはいえ借り過ぎてはいけない、という点を忘れないようにしましょう。